私がアフィリで135万稼いだ『5つの鉄板キーワード選定方法』をお伝えします。

アフィリブログをスタートして初心者さんが最初にぶつかる壁が『キーワード選定』

「一体どんなキーワードで書けばいいんだ?」「このキーワードがライバルが多そうだし・・・」「あのキーワードはアクセスボリューム少なそうだし・・・」

「うわあぁぁなにも進まねえぇ。続きは明日!」っと言う感じに泥沼にハマる人が多数います(私も泥沼にハマりにハマりまくったクチですw)

泥沼にハマって作業が進まなければ、どんどんやる気も削がれるし、だからといって適当にキーワード選定してしまったら、記事を書く前から負けが確定しまうこともあります。

ということで今回は1ブログで135万ほど収益をだした経験から、導き出した5つの鉄板キーワード選定をあなたにお伝えしようと思います。
一応証拠画像はコチラ↓

私はこの記事に書いてあること意外に特別な事は一切やっていません。

キーワード選定に関して言えば、本当にこの記事に書いてある選定方法が私の全てです。という事で1つずつ解説していきます。

方法1,虫眼鏡キーワード、サジェストキーワード

もうこれ、当たり前過ぎて書こうかどうか?迷ったレベルなんですが、私も無意識にそう言えばやっているなぁと思ったので復習も兼ねて解説。

Yahooが分かりやすいのですが、Yahooの検索ページで検索すると以下の用に虫眼鏡マークのついた、複合キーワードが出現します。

このキーワードをある業界では「虫眼鏡キーワード」と呼ぶのですが、この複合キーワードで検索している人が多い場合に出現するキーワードなんです。

つまり、ここに出現しているキーワードは”ある程度検索ボリュームがある”、”検索需要のあるキーワード”ということです。

ただ、「ロレックス 人気」みたいに2つの複合キーワードで、できた2語キーワードはライバルが多い傾向があるので、ブログ開設当初などは更に深掘りして3語キーワード辺りを狙うべきです。

ただし!注意しなければいけないのは、虫眼鏡キーワードはある程度検索ボリュームがあるキーワードは分かるものの、それが成約率の高いキーワードだとは限らない!という点は超注意です。

例えばあなたが自分のブログで「ロレックスを売りたい!」とします。

だとするとロレックスというキーワードで狙っていくと仮定すれば「ロレックス デイトナ」「ロレックス 人気」などの購買意欲が高めのキーワードを狙ったほうが良いわけです。

にも関わらず、ロレックスの虫眼鏡キーワードに「ロレックス ダサい」みたいなキーワード狙っても、そんなキーワードで検索するユーザーはどう考えても購買意欲は激低なのは誰でも分かると思います。

あなたが「ロレックスはダサい」という検索者の認識を覆す記事を創れるライティング力があれば、狙ってもOkです。

が!あなたがブログ初心者で尚且、成約型アフィリで狙っているならネガティブワードは後回しでOK。

方法2,無料キーワード選定ツール

キーワード選定してくれるツールも有料の物から、無料のものまであります。無料のツールはコチラがシンプルでオススメ

⇛https://goodkeyword.net/

猫とキーワードを入れたら、猫に関する複合キーワードを自動で収集してくれます↓

私自身もキーワードマスターになりたい時期があったので、5000円位する有料のものを過去に2,3個使って来ましたが、今はネット上の無料ツールしか使っていません。

だって、有料のツールって起動させるのがめんどくさいんだもんw

有料のものは確かに、データをとって自動で狙い目キーワードとか表示してくれて便利は便利です。

ただ、機械的に狙い目キーワードを抽出するだけなので、狙い目キーワード意外のキーワード的なのを見落としやすいんですよね。

「このキーワードめっちゃ良さそう!」「ああでも、ツールだと狙いめキーワードじゃないし止めておくか・・・」みたいな。これってめちゃくちゃもったいないです。

ツールは便利な面もありますが、機械的には出ないけど”実は狙い目”キーワードを見落としやすいんですよ。

特に初心者さんほどツールのデータを鵜呑みにしてしまいがちなので、要注意。

私自身、139万円ほど収益を挙げたサイトは無料ツールしか使っていませんし、あなたもこのくらいの金額なら無料ツールで十分いけるはず。

方法3,知恵袋からから抜き出す

基本にして王道。私の周りの10万以上稼いでいるアフィリエイターは間違いなく全員やっています。そして、、、私もやっていますw

虫眼鏡やサジェストキーワードは既に検索ユーザーが”悩みを認識しているキーワード”に対して、知恵袋のお悩み相談は、まだキーワードが思考の表面に出ていない潜在的お悩みキーワードが詰まっているんです。

重要なことなのでもう一度言います。

知恵袋には表面化していない「潜在的なお悩みキーワード」がたくさんある!

と言ってもこの説明だけだとイマイチイメージがつかないかと思いますので、具体例を出していきますね。

別にロレックスは好きじゃないのですが、先程のロレックス続きで今回も知恵袋でロレックスで検索するとこのような質問が見つかりました↓

ロレックスの査定希望!
祖母が使っていた、古いロレックスの時計が二つありますが、どれほどの価値があるのか分かりません。
どなたか、査定できる方教えてください。
手巻きで正確性は分か

りませんが、今でも動きます。なお、この時計は親戚の時計屋さんから手に入れたものなので、本物だと思います。
引用:知恵袋

私自身は時計に疎いので、手巻きとかよくわかりませんがこの投稿を見ると「ロレックスの手巻きの査定額が知りたい」というのはわかります。

なのでこの方が検索エンジンに打ち込むべきキーワードは「ロレックス 手巻き 査定」 これが潜在的お悩みキーワードですね。

自分が挑戦しているジャンルがかなり詳しいジャンルであれば、「は?手巻きの査定額なんてこんくらいだろ!」とすぐキーワードが出てくるかもですが、私のように時計に疎い人は”手巻き 査定”なんてキーワードは黙っていたら一生出てきません。

このような感じで思考の表面には出ていない、潜在的キーワードを見つけるんです。

自分で見つけ出した、潜在的お悩みキーワードはライバルが激少なく、成約率も高い場合もあるので、この記事を読んだあなたは絶対にやってください。絶対ですよ?

方法4,書籍から抜き出す

こちらも古典的な手法ながら、自分が今まで思いもつかなかったキーワードが掘り出せるので絶対にやるべき選定方法です。

特に最新の情報が詰まりまくっている、雑誌からキーワードを抜き出す方法はかなり有効。こちらでも紹介しましたね。
【1日10万PV突破可能】短期型トレンドアフィリの4つの狙い方を暴露する

もし、あなたがガジェット系に関するブログを立ち上げているなら、このようなガジェット系の雑誌を読むだけで最新の機種の「商品名」「商品のデータ」などなど、一撃で収集できちゃいます。※一応、モザイク処理しております。

雑誌に書いてあるレビューを自分のブログに書くのはもちろんアウト。ただ商品名や価格などのデータに関しては、事実を書いているだけなのでパク・・・参考にしても問題ないです。

レビューの内容や評価を書くなんてのはぜっったいにありえないですが、「おお!こんな商品がでていたのか、自分もこの商品の記事書こう」ってな具合なら何の問題もありませんからね。

雑誌以外でも、あなたが挑戦するジャンルで「専門書」的な書籍があればこれもかなりキーワードが詰まっています。

私の過去の例で言うと、猫のジャンルブログを立ち上げようと思ったのですが、私自身猫なんて一回も買ったことがないし、あまり飼おうとも思っていなかったので猫に関する知識が全く0でした。

なんで猫のブログを作ろうを思ったのか今になって思えば謎ですが・・・

もちろんキーワードなんて「猫 餌」くらいしか思いつかなかったので猫大辞典なる書籍を購入し、そこから猫に関するキーワードを抜きまくりました。

引用:アマゾン猫大辞典

猫なんて飼ったことなかったので、思いつきもしなかったんですが、書籍を読んみると「猫が虫食うのに注意!」的な記載があったので、「うお猫って虫喰うのか?!」とビビりながらも「猫 虫食べる」というキーワードで即効記事書きましたねw

あとは猫がかかる病気名や、猫の種類なども書いてあったので、もうこの1冊だけで書ききれないほどキーワードが見つかりました・・・

自分では書ききれないので、最終的には外注さんにお願いしましたが・・・

猫に限らずどんなジャンルでも専門書の中は自分が思いつきもしないキーワードを抜き出しながら、そのジャンルについての知識も身についていくので、絶対にやるべきですね。

ちなみに雑誌系であれば、楽天マガジン。書籍系であれば、アマゾンKindle Unlimitedが超オススメ。

わざわざ、書店に探しに行かなくてもいいし、楽天マガジンが月額400円程度、Amazon Kindle Unlimitedが月額980円程度で、どちらも読み放題とコスパも最高すぎます。

【31日間無料です】月額380円200以上!読み放題楽天マガジンの詳細はこちら

月額980円AmazonKindle Unlimitedの詳細はこちら

方法5,ライバルブログをカンニングする(上級者向け)

これはちょっと上級者向けで、ややズルっぽい手法なんですが、シミラーウェブという無料のツールを使うことでライバルサイトがどんなキーワードでアクセスが集まっているのか?見ることができちゃいます。

さっきの猫つながりで、猫系の巨大サイトをちょっとシミラーウェブで覗かせてもらうと、こんな感じで上位5キーワード位まで見ることができます。

引用:https://www.min-nekozukan.com/rankingIndex.php

アクセスが集まっているサイトでアクセスの集まっている上位のキーワードが視れるという事は、つまり需要のある検索ボリュームの大きいキーワードがわかっちゃうという事です。

「うおぉぉ!こんな万能ツールが無料使えちゃうのかよ!」と興奮して鼻血が出そうになりますが、注意点も2つほどあります。

注意点1、シミラーウェブは完全に正確なデータではない

シミラーウェブはキーワードどころか、アクセスボリュームまで見れちゃう、カンニングツールなんですが表示されるデータに関しては完全に正しいってわけでも無いです。
シミラーウェブの使い方

アクセス数に関しては、多くて2倍くらい実アクセス数と開きがある場合もありますし、逆に実アクセス数とほぼ同じ位の場合もあります。

キーワードに関しても私の運営する他のブログを見る限り、「ある程度は参考になる」って感じですね。

ただ、全くアクセスが集まっていない記事のキーワードが表示されることはありませんでしたので、間違いなく参考にはなります。

注意点2、ライバルより良質な記事を創らないといけない

当然ですがライバルと同じキーワードを狙うのであれば、先にコンテンツを投下したライバルよりも、更により良いコンテンツを投下しないと上位表示することは難しいです。

もし、あなたがブログ運営初心者で「ライバルよりも良いコンテンツを創る自信が無い・・・」ということであれば、ライティング力が身につくまでこの手法はやめておいたほうが良いかもしれません。

焦ってライバルが多い所に突っ込まなくても、まずはライバルの少ないトレンド系ワードで10万程度収益を生みつつ、ライティング力を磨けばいいと思います。
ネット上の嘘に注意!初心者は絶っっ対にトレンドアフィリから始めるべき3つの理由とは?

というか、それしか勝ち目ないですw

これは初心者さんを馬鹿にしているわけじゃなくてですね・・・

私自身いきなりライバルの多いとこに突っ込んで、まっっっったくアクセスが集まらず、「もう辞めたい・・・」と何度も、何度も、何度も思った経験があるから、このようにお伝えしているだけです。

焦らなくても、大丈夫。少しずつ、少しずつスキルアップしましょう!

私はこの記事に書いてある方法しかやっていません。

一生懸命やっていてアクセスがあつまらないと、どうしても裏技系ノウハウや、有料ツール系に頼りたくなる時が必ず来ます。

ただ、はっきり言っちゃうと、キーワード選定に関して裏技なんて無いですし、有料のツールなんて一切必要ないです。

私自身、1サイトで130万突破したサイトも創り上げましたが、嘘偽り無くこの記事に書いてあること意外は何もしていません。

つまり、キーワード選定に関していえばあなたがこの記事をマネすることで、同じように「100万位の売上をあげるサイトを創れるノウハウを学べた」ってわけですね。

ただ、絶対に勘違いしちゃいけないのは、キーワード選定だけマスターしてもぜったいに収益を生むサイトは作れません。

キーワードなんかより100倍重要なのは、「読者さんに役に立つ記事を書く」「読者を行動させる記事を書く」この2つです。

いくらライバルの少ない穴場キーワードを100個見つけようが、読者を動かす記事が作れなければ、収益なんて悲しいほど生まれませんからね。

もし、あなたが「キーワード選定意外のノウハウも学びたい」ということであれば、ぜひぜひ以下の記事も合わせてお読みくださいね↓
【保存版】副業アフィリエイトで最短で10万稼ぐ5つの手順を公開する。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事